日焼けは肌への大敵です。日焼けを防ぐ手段として日焼け止めを塗ることは効果的ですが、それによってかぶれてしまった経験がある人は少なくないかもしれません。

 

事実、日焼け止めは肌への刺激が強いものなのです。

 

その理由として2つの主成分が挙げられます。まずは「紫外線吸収剤」です。

 

紫外線吸収剤は肌に紫外線をとり込み、化学的に処理して熱や赤外線に変換して放出することで肌に日焼けの影響を与えないようにするものです。

 

これなしでは日焼け止めとして機能しない、欠くことのできない成分ですが、化学反応を起こす過程でかぶれの症状を引き起こす原因になると考えられます。

 

次に「合成界面活性剤」です。浸透力や使用感をよくする目的でほとんどの化粧品やシャンプーなどにも含まれていますが、これも刺激性のある成分です。

 

かぶれてしまった時の対処法は、ヒリヒリしている場合は氷か保冷剤をタオルに包んだもので炎症箇所を冷やしましょう。落ち着いたら、まずは市販されている非ステロイド外用薬を塗って様子を見ます。

 

改善しないようなら薬剤師の処方のもと、ステロイド性の軟膏に切り替えましょう。肌を新しく生まれ変わらせることも改善には必要ですから、肌のターンオーバーを乱さないよう保湿などいつものケアもできる限り行いましょう。

 

飲んで肌荒れをケアする医薬品なども有効です。それでも赤みやかゆみが引かないようなら、すみやかに皮膚科を受診して処置してもらうのが一番です。

 

TOPページ:ポルク(POLC)飲む日焼け止めの口コミはこちら>>