日焼けはなぜおこるの?

日焼け 仕組み

外出して紫外線を浴びれば日焼けをしてしまいますが、どのような仕組みで日焼けするかご存知ですか?

 

温かくなると外に出るのも気持ち良くて、旅行やレジャーなどをする人も多いでしょう。温かくなれば外に出たくなるけど、外に出れば、その分紫外線の影響を受けます。

 

日焼は太陽の下で過ごすと肌が火照って赤くなり、次第に赤みが落ち着いて黒くなってきます。これは太陽の光に含まれる紫外線が原因で、日光皮膚炎とも呼ばれます。

 

この名前からも予想がつくかと思いますが、日焼けというのは一種の火傷と同じことです。その仕組みとは「紫外線を浴びて肌が炎症を起こし、メラニン色素が作られて肌に色素沈着して黒くなる」ととてもシンプルなものです。

日焼けの種類

①サンバーン紫外線を浴びることによって皮膚が赤くなり、痛みのある炎症を起こします。次第に皮膚は茶色くなっていきます。ひどい場合は水ぶくれになることもあります。

 

②サンタンサンバーンになった2日から一週間程度過ぎた後になる日焼けです。シミの原因となります。痛みなどはありません。

日焼けと肌色の関係

日焼けはすぐに黒くなる人もいれば赤くなる人もいますが、これは個人の体のメラニン色素の働きが異なるためです。

 

一般的に肌タイプは三つあり、①色白の人…紫外線に弱い/メラニン生成力が弱い②中間色の人…紫外線にやや弱い/メラニン生成力が普通③色黒の人…紫外線に強い/メラニン生成力が高い に分けられます。

 

日焼けは繰り返すと、しみ、しわ、たるみの原因、皮膚がんや白内障などの危険もあります。できるだけ紫外線をカバーして日焼けをしない様に気をつけること、また日焼け後の正しいケアが大切です。

 

CMでは塗る日焼け止めの宣伝が流れていますが、今最先端の日焼け対策は飲む日焼け止めサプリメントです。塗る手間もなく飲むだけで体の内側から日焼け対策ができます。

 

これからは飲む日焼け止めを塗る方が増えてくると言えそうですね。

 

TOPページ:ポルク(POLC)飲む日焼け止めの口コミはこちら>>