日焼け止めSPFとPA+++の意味

日焼け止めの強さとして使われている指標にSPFとPAというものがありますが、これらの意味を具体的に聞かれると曖昧にしか答えられない方も多いのではないでしょうか?

 

SPFとはSunProtectionFactorの略で、紫外線防御指数とも呼ばれています。

 

紫外線にはシワやたるみなどお肌を老化させるUVA波、シミやソバカスの原因となるUVB波、皮膚がんなどの皮膚病を引き起こすUVC波が存在しますが、日焼け止めは主に地表に到達してくるUVA波とUVB波からお肌を守るために使用します。

 

SPFとはUVB波を防御する強さを表しており、例えばSPF30という数値の場合、日焼け(赤い斑点が出て炎症を起こす)という症状が起こるまでの時間を30倍遅らせることができるという意味になります。

 

もしあなたが20分程度で日焼けという症状がでてしまう場合、20分×30=600分まで日焼けを遅らせることができますよ、という製品になります。

 

次にPAですが、ProtectionGradeofUVAの略で、UVA防御指数とも呼ばれています。

 

効果の強さに合わせて”+”が増え、最大で”++++”までが存在しています。あくまで目安になりますが、”+”の数は”+から++”が日常のお買い物などの外出、”++から+++”が屋外でのスポーツやレジャー、”+++から++++”が炎天下でのレジャーやマリンスポーツなどを想定しています。

 

基本的にはSPFもPAも強いものを選べば安心と考えがちですが、これらが強いものはお肌への負担も大きくなるため、シーンに合わせて強弱の製品を選択しなければならず、手間がかかってしまいます。

 

また、一般的な塗るタイプの日焼け止めですと、塗りムラが生じたり薄く塗りすぎて効果が十分に得られなかったりと問題が起こる可能性もあります。

 

TOPページ:ポルク(POLC)飲む日焼け止めの口コミはこちら>>